海洋散骨

かねみつ石匠では、海洋散骨のお手伝いをいたしております。
また、故人の遺骨をお墓から自宅墓に移し替える場合の海洋散骨も承っております。

海洋散骨とは

散骨とは亡くなられた方の遺骨をお墓に納めず、海や山へ撒くことです。火葬が一般的な日本では、故人の遺骨はお骨壷に入れて、お墓へ納めるのが通常です。自分の死後は、自然に還りたい、海に眠りたいと遺志がある方に最適な方法です。海洋散骨は、漁場や航路を避け、海岸から10km以上離れた場所で、粉末化した遺骨を撒きます。

海洋散骨のメリット

維持費用がかからない

お墓と違い、30万円以下でまかなえるところがほとんどで、法要や法事、お墓の管理などもなく、維持費で困ることがありません。最近では葬儀を行わないで火葬のみで終わらせたりする方も増えているので、そういった方に散骨は適している葬送です。

故人の生前の希望を叶える

故人がお墓に入ったり、死んだ後も金銭負担が大きくなることや死生観の多様化により 散骨を希望される方が増加しており、そういった要望を叶えることができます。

お墓の後継者問題が起きにくい

後継者問題については資産の相続などの後継問題がよく取り上げられます。最近ではお墓の後継者問題が増加しており、お墓の管理をする人がいなくなるなど、悩みが多くなっております。

よくある質問

散骨に必要な手続きはありますか?

散骨に必要な手続きは特にありません。ただし、遺骨をお墓から取り出す場合は、改葬許可証が必要です。分骨して散骨する場合、まずは埋葬されている寺院のご住職にご相談されることをお勧めいたします。

散骨は法律上許可されていますか?

現在行われている一般的な散骨行為を禁じている法律はありません。節度をもって行われる散骨については禁じる法律がないというのが現状の見解です。散骨を希望される多くのご家族・故人のご要望に応えるため、適切な場所、準備を整えた上で散骨が実施されています。

散骨時の供養物はどのようなものがよいでしょうか?

故人が好きだったお酒や飲料などをお持ちいただいて、献花に先立ち、お清めいただくことができます。ただし、量や種類には注意が必要です。基本的には自然に還る供養物をお勧めいたします。

お墓のお悩みや自宅墓をご検討の方はぜひご相談ください。

0120-005-148

メールでのお問い合わせはこちら